2022年1月

テントの大使館

 いまからちょうど50年前の1月26日、オーストラリアの先住民アボリジニが、首都キャンベラに大使館を設置しました。 4人の若者が公園に1本のパラソルを立て、「アボリジニ大使館」という看板を掲げたのです。 パラソルはやがて

テントの大使館 Read More »

MAIDへ

 閉塞社会の日本で、もっとも停滞していることのひとつは「死に方」をめぐる議論でしょう。 終末期はどうあるべきか、安楽死と尊厳死と自殺幇助は、何がどうなってどこまで許されるのか、そうした議論はほとんどすべて止まったままです

MAIDへ Read More »

結婚式取りやめ

 オミクロンが流行っているので、結婚式はやめます。 そういう不運な人があちこちにいるでしょう。そのひとりがジャシンダ・アーダーンさん、ニュージーランドの首相です。  ニュージーランドでは先月、家族で旅行した9人がコロナの

結婚式取りやめ Read More »

ヴィーガン旅行

 ヴィーガン、積極的な菜食主義者は旅行ができませんでした。 旅先では菜食、ヴィーガン食にありつけなかったからです。ところがいまはメキシコのホテルだろうがギリシャのリゾートだろうが、ただの野菜サラダじゃなくてちゃんとしたヴ

ヴィーガン旅行 Read More »

大統領を撤去する

 1枚の写真を、一瞬見ただけで直感できます。これはまずいと。 ニューヨークのアメリカ自然史博物館前にある、セオドア・ルーズベルト大統領の銅像です。  第26代大統領として、1901年から1909年まで大統領の地位にあった

大統領を撤去する Read More »

カラスにレーザー

 カラスが群れて困る。 レーザーで追い払おうという人たちがいます。 カリフォルニア、シリコンバレーのサニーベイルという町です。 一瞬、レーザーで傷害を負わせるのかと思ったけれど、そんなことはしない、脅して追い払うというこ

カラスにレーザー Read More »

依存は病気なのか

 アメリカで去年、麻薬などの薬物の過剰摂取で10万人以上が死んだこと、その対策として「取締と処罰」ではなく「ハーム・リダクション」というアプローチがはじまったことをこのブログで何度か書きました(6月29日、8月15日、1

依存は病気なのか Read More »